hadoop-logo
ようこそ Tech blogへ!
「これからHadoopを勉強しよう」という方はまず下記のページから

サイトの移行に伴って画像が表示されないなどの不具合が生じています

Cloudera Quickstart VMを5.7にアップデート(2)

前回はQuickstart VMの起動までを行いました。今回はCloudera Managerからアップグレードを行います。

Cloudera Manager化

Quickstart VMの起動直後はCDH5のみ(HDFS, YARN, Spark, Impala等)が実行されています。Cloudera Managerが起動できるように変更するため、デスクトップにあるアイコンをクリックして設定を変更します。
cm57_icons今回は Launch Cloudera Express を選択しました。メモリが少ないとエラーになるのでご注意を。
cm57_5セットアップはこれで終わりです。URLとユーザー名が表示されるので忘れないようにしましょう。
ブラウザから表示されたURLにアクセスします。
cm57_7cm57_8先ほど表示されたユーザー名、パスワードでログインします。
cm57_9

Parcel化

初期の状態ではパッケージ(RPM)を使ってセットアップされています。アップグレードを含め、Parcelの方が運用が楽になるので、デスクトップの「Migrate to Parcel」アイコンをクリックして切り替えておきましょう。
cm57_10回線速度などにもよりますが、ダウンロードにはそれなりに時間がかかります。お茶でも飲んで一服しましょう。
終わったらCloudera Managerのサービスを再起動します。または仮想マシンを再起動しても良いでしょう。
cm57_11さて、準備完了です。

アップグレード

アップグレードの手順はドキュメントに書かれています。
http://www.cloudera.com/documentation/enterprise/latest/topics/installation_upgrade.html
今回はまだ何もセットアップしていないのでアップグレードに失敗してもやり直せば良いのですが、ドキュメントはしっかり読みましょうね。
さて、次回はアップグレードです。
 

コメント