Hadoopオペレーション(パカ本)、日本語版発売!

本日、オライリーさんからHadoopオペレーションが発売されました!

※オライリー様から献本していただきました。ありがとうございます!
原書のO’Reilly Hadoop OperationsはClouderaのソリューションアーキテクト、Eric Sammer氏によるもので、この書籍ではHadoopに必要なハードウェアの考え方、インストール、構築、設定、チューニング、セキュリティ、監視など、Hadoopの運用に必要なエッセンスが詰まった書籍になっています。
特に、スケジューラ周りやセキュリティは象本(Hadoop)で詳しく取り上げられていないので、かなり役立つ方も多いのではないでしょうか。(設定パラメータが多すぎるので、逆に混乱するかもしれませんが、、、)
訳者の玉川竜司(@tamagawa_ryuji )さんは象本、馬本(HBase)などオライリーのHadoop関連本の訳者として著名な方ですが、本書も翻訳もご担当され、翻訳の品質、読み易さは何よりのこと、原書の記述が曖昧な点なども日本語版で修正していただいています。原書を持っている方にとっても役立つ書籍だと思います。
今回の日本語版では@shiumachi氏、@dice_氏とともにレビューを担当し、また、Cloudera ManagerやHue、高可用性ネームノードのアーキテクチャについての付録を寄稿しました。お役に立てば何よりです。
なお、表紙の動物はパカです。巻末に詳しく説明されています。まさか食用になることもあるとは。。。。
補足)HadoopオペレーションズではYARNの詳細については取り上げられていません。YARNに興味がある方は第2版(*1)に期待ですね!
*1:出版の計画があるかどうかはわかりませんが、、、さらには日本語化されるかどうかは初版の売れ行き次第かもしれません :p

コメント