Hadoopを10分で試す(2)Clouderaの仮想マシンを日本語化

**この記事の内容は若干古くなっています。まとめページもご覧下さい**
前回はCloudera quickstart demo VMを起動させるところまで試しました。今回は日本語化を行います。
日本語環境での表示
cm4 japanese

日本語パッケージをインストール

残念ながら、このデモ環境には日本語フォントなどがインストールされていません。yumでインストールしようとしても、下記のようにエラーになってします。


[cloudera@localhost ~]$ sudo yum -y groupinstall japanese-support
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: mirror.nus.edu.sg
* extras: mirror.nus.edu.sg
* updates: mirror.nus.edu.sg
http://repos.jenkins.cloudera.com/impala/redhat/6/x86_64/impala/1.0/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 6 - "Couldn't resolve host 'repos.jenkins.cloudera.com'"
Trying other mirror.
Error: Cannot retrieve repository metadata (repomd.xml) for repository: Cloudera-impala. Please verify its path and try again
[cloudera@localhost ~]$

これはデモVMのレポジトリの設定が悪く、Cloudera社内のサーバを指してしまっているようです。以下のように変更します。(ついでに最新のレポジトリを指すようにします)変更ファイルは3つ。以下のようにして下さい。
/etc/yum.repos.d/Cloudera-impala.repo

[Cloudera-impala]
name=Cloudera-impala
enabled=1
gpgcheck=0
#baseurl=http://repos.jenkins.cloudera.com/impala/redhat/6/x86_64/impala/1.0/
baseurl=http://archive.cloudera.com/impala/redhat/6/x86_64/impala/1.0.1

/etc/yum.repos.d/Cloudera-manager.repo

[Cloudera-manager]
name=Cloudera-manager
enabled=1
gpgcheck=0
#baseurl=http://repos.jenkins.cloudera.com/cm4-nightly/redhat/6/x86_64/cm/4.6.0/
baseurl=http://archive.cloudera.com/cm4/redhat/6/x86_64/cm/4.6.0/

/etc/yum.repos.d/Cloudera-cdh.repo

[Cloudera-cdh]
name=Cloudera-cdh
enabled=1
gpgcheck=0
#baseurl=http://archive.cloudera.com/cdh4/redhat/6/x86_64/cdh/4.2.0/
baseurl=http://archive.cloudera.com/cdh4/redhat/6/x86_64/cdh/4.3.0/

再度インストールします。今度はうまくいきました。

[cloudera@localhost ~]$ sudo yum -y groupinstall japanese-support
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: mirror.nus.edu.sg
* extras: mirror.nus.edu.sg
* updates: mirror.nus.edu.sg
Cloudera-impala | 951 B 00:00
Cloudera-impala/primary | 2.0 kB 00:00
Cloudera-impala 6/6
Cloudera-manager | 951 B 00:00
Cloudera-manager/primary | 3.7 kB 00:00
Cloudera-manager 7/7
Setting up Group Process
Checking for new repos for mirrors
base/group_gz | 212 kB 00:00
Package poppler-data-0.4.0-1.el6.noarch already installed and latest version
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package ibus-anthy.x86_64 0:1.2.1-3.el6 will be installed
--> Processing Dependency: ibus >= 1.2.0.20100111 for package: ibus-anthy-1.2.1-3.el6.x86_64

(略)
man-pages-ja.noarch 0:20100115-5.el6
vlgothic-fonts.noarch 0:20091202-2.el6
vlgothic-p-fonts.noarch 0:20091202-2.el6
Dependency Installed:
anthy.x86_64 0:9100h-10.1.el6
ibus.x86_64 0:1.3.4-6.el6
ibus-gtk.x86_64 0:1.3.4-6.el6
ibus-libs.x86_64 0:1.3.4-6.el6
im-chooser.x86_64 0:1.3.1-3.el6
imsettings.x86_64 0:0.108.0-3.6.el6
imsettings-libs.x86_64 0:0.108.0-3.6.el6
kasumi.x86_64 0:2.5-1.1.el6
libgxim.x86_64 0:0.3.3-3.1.el6
notify-python.x86_64 0:0.1.1-10.el6
pyxdg.noarch 0:0.18-1.el6
vlgothic-fonts-common.noarch 0:20091202-2.el6
Complete!

Firefoxの設定

フォントをインストールしただけでは日本語が表示されません。日本語環境でログインするようにしても良いのですが、今回はブラウザの設定だけを変更します。以下の手順で言語に[Japanese]を追加して、優先的に表示されるように設定します。

EditからPreferenceを指定

firefox1

Languageを設定

firefox2

日本語を追加して一番上の順位に

Select a languageでJapanese [ja]を選んでAddをクリックします。あとはMove Upで一番上に持って行くだけ。
firefox3
変更したらOKを押し、Closeを押して完了です。Cloudera Managerの画面をリロードしてみましょう。めでたく日本語化されました。(クリックで拡大)
cm4 japanese

Cloudera Managerを最新版にする

Cloudera Manager 4.6リリースでも紹介したように、最新版の4.6では、Cloudera Standard (旧Free Edition)でも監視ができるようになっています。
今回のデモ環境は、4.6のスナップショット版がインストールされているようですが、残念ながら正式の4.6とは微妙にバージョンが異なるようです。yumで更新しようと試したのですが、既に4.6がインストールされているために更新できませんでした。
また、初期状態ではチャート(グラフ)を表示しようとすると、下記のように「Host Monitorに接続できませんでした」というエラーが表示されてしまいます。
HDFSサービスの状態
HDFS status old
HDFSサービスからCharts Libraryタブを選んでみるとエラーに。。
host monitor error
これは、ホストモニターというサービスが正しく設定されていないことが原因です。では、動かしてみましょう。

Host Monitorサービスの追加

説明よりもスクリーンショットの方がわかり易いでしょう。新しいサービスを追加します。ウィザードで順に進めて下さい。今回は特に何も指定する必要はありません。
サービス一覧
all_services
アクションからサービスの追加
new services
Wizard1
wizard1
Wizard2
wizard2
Wizard3
wizard3
無事にHost Monitorサービスが追加できました。しかし、まだサービスが起動されていません。右側のアクションから「開始」を選択します。
停止状態(ステータスがStopped)
host monitor stop
実行中の状態(ステータスがGood Health)
host monitor running
さて、最後に先ほどと同じHDFSを表示してみましょう。チャートが正しく表示されていることがわかりますね。これでHadoopの各サービスの監視を行うことができます。
HDFSサービスの状態
hdfs status
HDFSチャート
hdfs chart
おまけ:ホストの状態も見られます
hdfs good
さて、これでCloudera Managerも無事に動作しました(1ノードですが、、)。
次回はHueの予定です。