impaladが使用するポート番号

*この情報は未検証なので、確認ができたらアップデートします*
Impaladが起動しないというツイートを見かけたので調査してみました。
Impaladを起動する際にNameNodeのポート番号を指定する必要があります。
リリースノートによると現在下記の制約事項があります。
https://ccp.cloudera.com/display/IMPALA10BETADOC/Cloudera+Impala+1.0+Beta+Release+Notes

— Impala reads the NameNode address and port as command line parameters
Impala reads the NameNode address and port as command line parameters rather than reading them from core-site.xml. Updating the NameNode address in the core-site.xml file will not propagate to Impala.
Cloudera Bug: https://jira.cloudera.com/browse/IMP-56 ; KI added 0.1 Cloudera internal only
Severity: Low
Workaround: Restart Impalad with the updated values for the updated NameNode address and port command line parameters (-nn and –nn_port). This is not an issue for a Cloudera Manager installations.

なので -nn_port を指定して実行するわけですが、デフォルトポート番号が 20500 と書かれています。
https://ccp.cloudera.com/display/IMPALA10BETADOC/Using+Impala
NameNodeは通常8020番ポートを使っているはずなので、Impalaがうまく動作しない方は試しに -nn_port 8020 と指定してみて下さい。
参考情報:
Ports Used by Impala
https://ccp.cloudera.com/display/IMPALA10BETADOC/Ports+Used+by+Impala
*この情報は未検証なので、確認ができたらアップデートします*