Cloudera Enterprise 6 (beta) インストール

Cloudera Enteprise 6 beta

先月検証したまま放置していましたが、Cloudera Enteprise 6 public beta をインストールしたのでメモ書きです。

Cloudera Enterprise 6 のページからβプログラムに参加すると、ダウンロードのリンクなどが送られてきます。日本語版もあるのでそれに従ってインストーラをダウンロードしてください。

検証環境

下記のように、個人用のGoogle Cloud Platform (GCP)の環境に以下の構成で構築しました。(最終的にワーカーノードは5台に増設)

cm6_on_gcp

ノードの種類とインスタンス

  • Cloudera Manager 6 x 1 (n1-highmemem-2)
  • マスター x 1 (n1-standard-4)
  • ワーカー x 3 (n1-standard-2)

OS等

  • CentoOS 7
  • firewalld 無効化
    • systemctl stop firewalld
    • systemctl disable firewalld
  • SELinux 無効化
    • setenforce 0
  • (検証環境なのでsshdの設定を変更してrootでのパスワードログインを許容するように変更)
    • /etc/ssh/sshd_config を編集して PasswordAuthentication と PermitRootLogin をyesに
  • psmisc パッケージのインストールが必要
    • sudo yum -y install psmisc

Cloudera Manager 6のインストール

β版のダウンロード手順に従って実行ファイルをダウンロードします。(β版ではパッケージが提供されていないので)

cm6_install_1cm6_install_2cm6_install_3

Cloudera Manager 6のセットアップ

http://master:7180 にアクセスしてインストールを続行します。

cm6_install_4

ウィザードが縦方向に変わったようです

cm6_install_5

CDH6を選択

cm6_install_7その後の手順はCloudera Manager 5 とほとんど同じでした。スクリーンショットはかなり省略しています。

cm6_install_8インストール完了

cm6_install_9cm6_install_10Cloudera Manager 6のUIは、見た目には大きく変わっていないようです。ホストの検査(ホストインスペクタ)の結果は以下のとおりでHadoop3.0になっています。(HBaseは2.0に。こちらの方が変更のインパクトがあるかも)

cm6_install_12cm6_install_13

余談:後日この後ノードを2台追加してワーカー5台構成になりました。

cm6_dn5

 

Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)