Cloudera Impala 1.2でHiveのUDFを試す

Cloudera Impala 1.2リリース!

Cloudera 5 (CDH5, Cloudera Manager 5)のアナウンスの陰に隠れて、Cloudera Impala 1.2が公開されています。このリリースで、ついに「ユーザー定義関数(UDF)、ユーザー定義集約関数(UDAF)に対応!(祝)」しました!

早速試してみようと、Mavenをインストールし、Hive0.11用のUDFをビルドするまではうまくいったんですが、なぜかHiveでUDFを実行するのがうまくいかず、試行錯誤の末断念。諦めて既存のHive UDFのjarファイルにある定義関数を試すことにしました。以下手順です。(基本的にはドキュメントに沿って試しただけです) (続きを読む)