無料Impala本

昨年アナウンスしていた Cloudera Impala 本の日本語版、(ようやく|ついに)公開されています。(#既に去年には準備できていたんですが… (^-^;)

オライリーさんのサイトから無料でダウロードできます。ダウンロードはこちらから。

特に「Impalaって何?」という方は参考になるでしょう。。

Imapalaのアーキテクチャは、前に書いたloudera Impalaのアーキテクチャブログも参考にどうぞ。

「Hadoopを40分で理解する」のスライド公開!

(2014/12/10追記)Hadoop入門になりそうなブログをまとめたページを作成しました。-> Hadoopを10分で試す

Cloudera World 2013の資料が公開されました

先週開催されたCloudera World Tokyo 2013、資料が公開され始めました。
http://www.cloudera.co.jp/cwt2013-session.html

まだ全てのスライドは揃っていませんが、順次公開されるとのこと。
Hadoopを40分で理解する」のスライド(pdf)もダウンロードできるようになっています。

スライドシェアにも上げてあります。

#cwt2013

Hadoopを10分で試す(3)HueからHiveとImpalaのクエリを実行する

**この記事の内容は若干古くなっています。まとめページもご覧下さい**

前回のブログでCloudera Managerを日本語化しましたが、同時にHue (http://gethue.com) というHadoopのGUIツールも日本語化されています。

Hueはオープンソースで提供されている、Hadoop用のGUIツールです。GUIからHive、Pig、Impala、HDFS、MapReduce、Oozie、、などの機能を使用することができる、エンジニア以外の方にも使い易いツールです。(ロゴが可愛いw)
Hue logo

今回はHueのいくつかの機能についてはスクリーンショットを、続いてHueからHiveとImpalaを使ったサンプルクエリを実行してみます。
(全ての画像はクリックすると拡大します)
(続きを読む)

Hadoopを10分で試す(2)Clouderaの仮想マシンを日本語化

**この記事の内容は若干古くなっています。まとめページもご覧下さい**

前回はCloudera quickstart demo VMを起動させるところまで試しました。今回は日本語化を行います。

日本語環境での表示
cm4 japanese

日本語パッケージをインストール

残念ながら、このデモ環境には日本語フォントなどがインストールされていません。yumでインストールしようとしても、下記のようにエラーになってします。
(続きを読む)

Hadoopを10分で試す(1)Clouderaの仮想マシンをインストール

**この記事の内容は若干古くなっています。まとめページもご覧下さい**

Clouderaでは、Hadoopを簡単に試してみるための仮想マシンイメージ(Cloudera Quickstart demo VM)を提供しています。

が、日本語ドキュメントが少ない(これはあまり問題ないですが)&日本語化を試してみたい方のための情報が少ないので、まとめます。ご参考になれば幸いです。

仮想マシンイメージのダウンロード

仮想マシンの実行には以下の環境が必要です。64bit環境が必要なのは、Cloudera ManagerとCloudera Impalaが64bitでしか動作しないためです。

  • 64bitの仮想環境
  • 仮想マシンに割り当てるメモリ:4GB以上
  • 仮想マシンのディスク領域:2GB以上

(続きを読む)