Cloudera ManagerでHBaseのセットアップ

なんとEMR上でHBaseが利用できるようになったようです[1]。素晴らしい。

Hadoopの象本[2]に対して馬本とも呼ばれている、Lars George著のHBaseバイブル的存在、米O’Reilly「HBase: The Definitive Guide」[3]の日本語版が来月登場予定[4]とのことです。米国では5月にHBaseCon[5]というカンファレンスが開催されましたが、今後は日本でもHBaseがますます盛り上がりを見せるかもしれませんね!

さて、HBaseに関しても、オンプレミスで構築したいというケースは多いと思います。HBaseの環境の構築ならCloudera Manager[6]というツールを使うこともできます。このCloudera ManagerのFree Editionは50ノードまで無償で利用することができ、かなり簡単にHadoop/HBaseの環境を簡単に構築できます。
(HBaseの構築だけではなく、Hadoop全般:HDFS,MapReduce,YARN,Oozie,なども)

Cloudera Managerの有償版というものはなく、Cloudera Enterpriseのサブスクリプションを購入すると利用することができるようになります。
さて話は戻りますが、もちろん本格的なHBase運用にはインストールだけではなく、設定、モニタリング、ログの収集など運用にまつわる様々な知識も必要になります。が、Cloudera ManagerでのHBaseのセットアップはあまりにも簡単でした。これは誰かに伝えねば!ということで、スクリーンショットでその流れをご紹介します。
(続きを読む)

Posted in Uncategorized