Hadoopを40分で理解する

というタイトルで、Cloudera World Tokyo 2013で講演をさせていただきました。
cwt2013_1RoomB
朝からあいにくの雨となり、出足が若干遅かったようですが、午後からは天候も回復。セッションには多くの方にお越しいただきました(このセッションの登録人数は150名程度だったようです)
session slides
プレゼン資料は来週にもウェブで公開される予定とのこと。
Hadoopがどういうもので何に適しているのか、会場に来ていただいた方に伝わっていれば良いのですが、、、
余談)今回のセッション、当初はHadoopにおけるLinuxカーネルのチューニングを喋ろう!(嘘)などと盛り上がっていたんですが、来年はもう少し技術的なこと(*1)を喋れるように頑張ります。
*1: たった40分でMapReduceプログラムを書けるようになる!とか!?

“Hadoopを40分で理解する” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です